秋田内陸縦貫鉄道

阿仁合駅

阿仁合駅構内にてAN8800形・AN8900形・AN2000形
鷹巣駅と角館駅を結ぶ94.2kmの第3セクター鉄道。2017年2月に発生した土砂崩れで阿仁前田 – 阿仁合間が不通となり代行バスが運行されている。
阿仁は古くからの阿仁鉱山(1978年閉山)で栄えた町。1716年には産銅量が日本一となったそうだ。駅近くには明治時代に建てられた外国人官舎も保存されていて(自販機の奥に見える洋館)、その脇を内陸線が走っている。
360度パノラマを表示する [2017.3]

水島臨海鉄道

三菱自工前 (キハ204+キハ208)

三菱自工前にてキハ204+キハ208
倉敷市の水島臨海工業地帯を走る水島臨海鉄道。線路はとなりの倉敷貨物ターミナルまで続いているが、旅客列車は三菱自工前駅が終点で、駅名の三菱自動車水島製作所の敷地が北側に広がっている。夕暮れ時、車両基地がある貨物駅の方からキハ208とキハ204がやって来た。キハ20形は2014年まで平日の朝夕に運行されていた。
360度パノラマを表示する [2012.10]

只見線

只見駅

只見駅にて。小出駅へ折り返すキハ40
2011年7月の豪雨災害で只見駅 – 会津川口駅間(27.6km)が長期間不通となっていて、ホームの先からレールは雪に埋もれてしまっている。上下分離方式で全線復旧に向けて動き出しているようなので、期待したい。
360度パノラマを表示する [2017.2]