伊予鉄道

松山市駅
松山市駅で方向転換する坊っちゃん列車
伊予鉄「坊っちゃん列車」の方向転換風景。レプリカのディーゼル機関車に内蔵された油圧式の転車装置で車体を持ち上げ、人力で回転させる。機関車の転回後は小さな客車の入換で、これまた手押し。側で見ていても思わず力が入る。後続の市内電車が次々と入ってくるので、一連の作業は正確で迅速、あっという間に完了する。
360度パノラマを表示する [2015.9]

“伊予鉄道”の続きを読む

鳴門線

鳴門駅
鳴門線の終着駅に停車中の1500形気動車。
高徳線と接続する池谷駅 – 鳴門駅間(8.5km)を結ぶ路線の終着駅。ホームには「うず潮の鳴門へようこそ」の看板が立っているが、鳴門海峡の渦潮を見るには路線バスへ乗り換え2,30分ほどかかる。(今回もタイミングが合わずまたの機会に…)
360度パノラマを表示する [2015.4]

土佐電鉄

桟橋車庫
桟橋車庫の風景
土佐電鉄の桟橋車庫にて。許可をいただいて撮影しました。
青い車体は2011年11月から再び走り始めた「外国電車」で、ノルウェー・オスロ市電(198形)を走っていた車両。その隣にはドイツ・シュツットガルト市電(735形)が留置されていたが、その後一転、福井鉄道へ移籍し2014年からイベント用途で再び運行される予定。撮影中にちょうど奥のトラバーサーが動いて、名鉄から来た赤い590形の姿も小さく写っている。多国籍で多形式な車庫の昼下がりだった。
360度パノラマを表示する [2012.10]

“土佐電鉄”の続きを読む